つくしんぼ保育園
Contents
法人と保育園の概要
施設のご案内
保育サービス事業のご案内
特別保育事業のご案内
児童クラブのご案内
子育支援事業のご案内
職員のページ
保護者会のページ
延岡市内の保育サービスについて
法人の現況
リンク集
 
トップページへ
 
保育サービス事業
 
保育理念 保育方針 保育目標 望ましい子ども像
保育園の一日 あそびについて 食事について 睡眠について
一年行事 防災計画について 健康安全管理について 入園に際してのご案内
地域活動事業    
 
保育園とは
 保護者が働いていたり、病気などのため、家庭でお子さまを保育することができない場合に保護者に変わって保育する児童福祉施設です。
 保育園では乳幼児の養育、教育、集団生活指導を行っております。また、育児相談や園庭開放等、家庭で子育てをしている方の支援(子育て支援)も行っています。
保育理念
共に育ち、望ましい未来を創造する入所する乳幼児の最善の利益を考慮し、その福祉を積極的に増進する
写真   写真   写真

▲ このページのトップへ戻る
 
保育方針
 保育園は、乳幼児が生涯にわたる人間形成の基礎を養う極めて重要な時期に、その生活の大半を過ごすところです。
私どもは、児童憲章のもと「乳幼児の最善の利益」を第一に考え
また同時に乳幼児の「人権」に十分配慮しながらその福祉を積極的に増進することそして地域における「子育て支援」をもっとも大切な使命と心得ています。
よって私どもは、利用者の方(乳幼児とその保護者及び地域住民等)に居心地のよい空間・時間のゆっくり流れる空間(心あたたまる、くつろげる雰囲気)の中で日常生活と人との関わり合いを大切にした「環境」と、出来る限りの「パーソナルな保育サービス」を提供することをもっとも大切なこと(方針)と考えています。
▲ このページのトップへ戻る
 
保育目標(望ましい子ども像)
保育目標(望ましい子ども像)
▲ このページのトップへ戻る
 
保育園の一日
時間 3歳以上児 3歳未満児
〜7:00 延長保育(希望者) 延長保育(希望者)
7:00〜 登園・自由遊び・排泄
写真
登園・自由遊び・排泄
写真
9:00〜 検温・おやつ・排泄
10:00〜 朝のお集まり ・保育活動 朝のお集まり ・保育活動
11:00〜 昼食準備・昼食
写真
昼食準備・昼食
写真
12:00〜 保育活動・午睡 午睡
15:00〜 目覚め・排泄・おやつ・
保育活動・自由遊び
写真
目覚め・排泄・おやつ・
自由遊び
写真
16:00〜 お帰りのお集まり・自由遊び
写真
お帰りのお集まり・自由遊び
写真
17:00〜 降園・自由遊び
写真
降園・自由遊び
写真
18:30〜 延長保育(希望者) 延長保育(希望者)
(22:00〜) (夜間保育:希望者) (夜間保育:希望者)
▲ このページのトップへ戻る
 
あそびについて
- 子どもたちは「あそびながら、働きながら学ぶ」 -
 子どもたちは遊びを通して、その時期に必要な発達課題に一つずつ取り組みながら成長していくものと考えます。よって、子どもたちが興味を持ってその遊びに取り組めるよう、その場面場面に必要な環境を整えることが必要だと思います。当園では「望ましい子ども像」を念頭に、子どもたち一人ひとりが欲求(あそぶ・たべる・ねる)を満たせるような環境を創造できるように努力しています。
写真   写真   写真
ロフトコーナー   絵本コーナー   積み木コーナー
写真   写真   写真
パズルコーナー   ママゴトコーナー   ランチルーム
写真   ▲ このページのトップへ戻る
ランチルーム2
 
食事について
● 0歳児
完全給食(ミルク・離乳食)です。粉ミルクに関しては、ご家庭で普段飲ませているものを担任までお知らせください。その粉ミルクを園で用意いたします。
授乳や食事は清潔に行われるよう配慮し、子どもの個人差や健康状態に十分に注意を払うようにしています。授乳は必ず抱いて、子どもの楽な姿勢で行います。一人ひとりの子どもの哺乳量を考慮して授乳し、哺乳語は必ず排気させ、吐乳を防ぎます。
離乳は一人一人の子どもの健康状態や食欲に応じて行うとともに、発育・発達状態に応じて、調理品や調理形態に変化を持たせるなどして離乳を進め、適切な時期に離乳を完了し、幼児食に移行します。
食事においては、咀嚼や嚥下の発達を適切に促せるように、食品や調理形態に配慮し、子どもが自分から食べようとする意欲や行動を大切にしながら適切な援助を行います。
 
● 1.2歳児
完全給食(ごはん・おかず・おやつを保育園で用意いたします)です。
食事は一人一人の子どもの健康状態に応じて、無理に食べさせないようにし、自分で食べようとする気持ちを大切にします。また、食事の時には、一緒に噛むまねをして見せたりして、噛むことの大切さが身につくように配慮いたします。
食欲や食事の好みに偏りが表れやすい時期なので、日常の心身の状態を把握しておき、無理なく個別に対応いたします。
 
● 3歳以上児
おかず・おやつは園で用意します。
ご希望により、ごはんを園で用意いたします。1ヶ月のご飯代は1,000円、1日単位のご飯代は50円です。
 
● 給食を楽しむ工夫について
食事をする部屋の雰囲気づくりについて
 食事専用スペースを設け、3歳児からの子どものお当番さんは、バンダナとエプロンをつけ、テーブルクロスや卓上に花を配置しています。また、食事をするテーブルと席は子ども自身に選ばせる等、楽しい食事ができるように工夫しています。
ライン
食器の材質や形などへの配置
 家庭的な食器を想わせるため、陶器やガラス製品等を使用しています。また、メニューにより形状の異なる食器を使い分けることで、食事の雰囲気をより楽しいものになるよう配慮しています。
ライン
個人差や食欲に応じた量の加減
「セミオーダー形式(カフェテリア形式)」の食事のスタイルをとることによって、一人ひとりの子どもの食欲に応じた量を盛りつけるようにしています。もちろんおかわりも自由にできます。
但し、肥満傾向にある子どもについては、パーセンタイル表に基づいて、保護者の方と十分に話し合った上で、運動量(エネルギー消費量)に見合った食事量に調整する等の配慮をしていきます。
ライン
さまざまな食事スタイル
気候がよくお天気のよい日は、ウッドデッキで時々食事を取っています。今後は、「セミオーダー形式」ばかりでなく、戸外での「ピクニック風の食事形式」や子どもが自ら盛り付ける「バイキング方式」も実施していきたいと思います。
ライン
手作りおやつについて
 こども達にとってのおやつは、食事に位置づけするほど大切なものです。よって栄養価はたとえ軽食であって十分考慮する必要があります。保育園でしか食べられない、心を込めた安心できる手作りのおやつを子どもに提供できるよう配慮しています。
ライン
旬のものや季節感のある食材やメニュー
 近年、食の市場には季節感がなくなってきています。保育園では旬の食材や調理方法、盛り付けなどを工夫して四季の移り変わりを感じさせるように配慮しています。また季節の行事に関連する「食行事」は、食事自体も行事の一部であることを考慮して取り組んでいます。
ライン
アレルギー体質について
 アレルギー体質の子どもに対する除去食への対応にあたっては、専門的な検査(アレルゲン抗体検査)によってアレルゲンを見出し、適切に判断しなければなりません。このため保育園では、検査後に嘱託医の指示を受け、保護者の皆様と十分話し合いながら進めていきます。
 
その他
○献立がカレー等の場合、3歳未満児以外のバンビ・ウサギ・ペンギン組さん(3歳〜就学前)はごはん代として50円をお支払いください。
○ご家庭からごはんを持ってきた場合でも、温蔵庫を使用して、温かいごはんが食べられるようにしています。
○朝食は可能な限り食べさせるようにしてください。もし、食べさせることができなかった場合は保育士にお伝えください。
○延長保育等での夕食や夕食までのちょっとした間食に関して、ご希望があればお申し出ください。
▲ このページのトップへ戻る
 
睡眠について
 季節や活動状況に応じて、子どもの疲労に注意して、適切な休養が取れるように配慮いたします。また、休養の方法は一人ひとりの子どもに適したものとし、午睡に限定することなく、心身の安静が保てるよう、環境の設定に配慮しています。(保育園ではいつでもゴロリとなれる「くつろぎ(休憩)コーナー」を保育室内に設けています。)
ライン
 午睡の時には、寝つきや睡眠中および起床時の状態を、適宜観察する等の配慮をいたします。
▲ このページのトップへ戻る
 
一年の行事
4月 入園式
5月 子どもの日の集い、春の遠足、家庭訪問、眼科検診、わいわいワンパーク、田植え
6月 虫歯予防Day、歯科検診、内科検診、保育参観、ぎょう虫検査、老人ホーム訪問
7月 七夕の集い、七夕祭り見学、プール開き、交通安全教室、お泊り保育
8月 市民プール行き、夏まつり、プール納め、サマーフレンドフェスティバル(児童クラブ)
9月 ヘルストピア行き(年長、児童クラブ)
10月 運動会、ハロウィンパーティ、秋の遠足、稲刈り、精米見学(年長)
11月 消防署見学、いもほり、いのこまつり、七五三の集い、イルミネーション点灯式、内科検診
12月 もちつき大会、クリスマスディナーパーティ(年長、児童クラブ)
1月 たこあげ大会、交通安全教室
2月 節分の日、生活発表会、お楽しみ遠足(年長、児童クラブ)
3月 ひな祭りの集い、お別れ親子遠足、卒園式・修了式
▲ このページのトップへ戻る
 
あそびについて
種類 時間帯 発生
場所
避難
場所
ねらい
火災 午前
保育中
調理室 園庭 避難訓練や避難方法を知る。
火災 午前
保育中
調理室 園庭 非常ベルやスロープの使い方を知る
地震 午前
保育中
日向
灘沖
その
場所
地震の避難方法を知る。
地震 午前
保育中
日向
灘沖
園庭 非常ベルの音を聞いて行動する。
火災 午前
保育中
調理室 園庭 合図を聞き、保育士の指示に従って落ち着いて行動する。
火災 午前
保育中
東側
住宅
塩浜
グランド
保育士の指示に従って素早く避難する。
10 火災 午睡中 西側
住宅
塩浜
グランド
午睡中の避難方法を知る。
11 火災 昼食中 IT
カフェ
園庭 食事途中の避難方法を知る。
12 地震 午前
保育中
日向
灘沖
塩浜
グランド
強度の地震の避難方法を知る。防災頭巾の着用法を知る。
火災 午前
保育中
1F
保育室
塩浜
グランド
おやつ時の避難方法を知る。
火災 午前
保育中
2F
保育室
塩浜
グランド
早朝の火災持の避難方法を知る。
火災 朝の
送迎時
日向
灘沖
塩浜
グランド
登園時の避難方法を知る。
▲ このページのトップへ戻る
 
あそびについて
 登園・降園時に子どもの健康状態を観察するとともに、もしお子様に変化が見受けられた場合は、保育士から保護者の皆様へお尋ねする場合があります。また、お子様の健康でお気づきの点や報告すること等がありましたら、ご遠慮なくお申し付けください。
ライン
 保育中に何らかの異常が発見された場合には、保護者の皆様にご連絡するとともに、当園の嘱託医やお子様のかかりつけの医師などと相談し、適切な処置を講じます。
ライン
 子どもの発育・発達状態を把握するために、毎月の月初めに身体測定(身長・体重等)を行います。
▲ このページのトップへ戻る
 
あそびについて
保護者及び同居の親族(祖父母等)が次の状況であると認められる場合です。
家庭外労働 昼間に家庭外で常時労働している場合。
家庭内労働 昼間に家庭内で子どもと離れて日常の家事以外の労働を常時している。
母親の出産 妊娠中であるか、または出産後間もない。
育児休業等 育児休業後、職場復帰する場合。
疾病等 疾病・傷病(1ヶ月以上)、または精神もしくは身体に障害を有している場合。
病人の看護等 長期にわたり疾病の状態にあるか、または精神もしくは身体に障害を有する同居の親族を常時介護している場合。
家庭の災害 震災・風水害・火災その他の災害の復旧にあたっている場合。
 
pdfアイコン 本年度の申込要領をこちらからPDFファイルでダウンロード出来ます。
▲ このページのトップへ戻る
 
地域活動事業
 小中学生との異年齢児の交流、高齢者との世代間交流、保護者の皆様への育児講座、地域のお祭りへの協力、育児相談(相談室有り)、園庭開放(在宅で子育て中の親子等)、子育てサークル等への施設開放等、地域向けの活動に積極的に取り組んでおります。
なお、子育て支援の内容に関しては「子育て支援のページ」をご覧ください。
▲ このページのトップへ戻る
copyright © 2004 Tsukushinbo nursery school All rights reserved.
当ホームページに掲載の写真・文章の無断使用はご遠慮ください.
※ご意見・ご感想・ご質問等ございましたら、こちらまでお問い合せ下さい.